口唇ヘルペスの再発治療薬 ★【第1類医薬品】アラセナS クリームタイプ 2g ※要承諾 承諾ボタンを押してください

口唇ヘルペスの再発治療薬 ★【第1類医薬品】アラセナS クリームタイプ 2g ※要承諾 承諾ボタンを押してください

1039円

口唇ヘルペスの再発治療薬 ★【第1類医薬品】アラセナS クリームタイプ 2g ※要承諾 承諾ボタンを押してください

口唇ヘルペスの再発治療薬 ★【第1類医薬品】アラセナS クリームタイプ 2g ※要承諾 承諾ボタンを押してください:私たちは、世界中の190を超える市場で数百万の買い手と売り手をつなぐグローバルコマースリーダーです。 0格安saleスタート,最安値挑戦,大好評です口唇ヘルペスの再発治療薬 ★【第1類医薬品】アラセナS クリームタイプ 2g ※要承諾 承諾ボタンを押してください

遺産相続の
専門家探しなら

相続・遺言の専門家探しを遺産相続ガイドがサポート!

0120-992-519平日 9時~19時 / 土日祝 9時~18時

遺産相続に強い専門家一覧

24時間受付

口唇ヘルペスの再発治療薬 ★【第1類医薬品】アラセナS クリームタイプ 2g ※要承諾 承諾ボタンを押してください

  • 様々なご相談に対応
    遺産相続の経験豊富な
    弁護士事務所を多数掲載
  • 東証一部上場
    東証一部上場の鎌倉新書が運営
  • 豊富な実績
    150万件以上の終活関連のご相談実績があります

所在地から専門家を探す

関東
北海道・東北
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄
一分診断
一分診断

遺産分割争い・係争案件はご相談の対象外です。
下記よりお住いの地域に対応可能な弁護士を検索し、直接ご相談ください。

相談内容から専門家を探す

  • 遺産分割のアイコン

    遺産分割

    遺産を誰にどのように分割するか決めるために相続人の間で行われる協議のことを、遺産分割協議といいます。遺産の分け方が決まったら、行政書士・司法書士に遺産分割協議書を作成してもらい、遺産分割の手続きを進めましょう。

  • 相続手続のアイコン

    相続手続

    戸籍収集、銀行口座の解約、不動産名義変更など相続には様々な手続きが伴います。必要な手続きは人によって異なるので、まずは相続に詳しい行政書士や司法書士など専門家に相談しましょう。遺産相続ガイドお客様センターでも無料相談を受付中です。




  • この商品はセルフメディケーション税制対象商品です

      ・2017年1月から始まる「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」において、
       医療費控除の対象となるOTC医薬品です。

      ・商品発送時に同梱しております 「お買い上げ明細書」(レシート)が申告時に必要となります。
       大切に保管してください。


      ■セルフメディケーション税制について




    ●アラセナSシリーズの3つの特長

    特長1.抗ヘルペスウイルス成分「ビダラビン」を配合した口唇ヘルペスの再発治療薬です。
    ・「アラセナS」・「アラセナSクリーム」は、医療用で使用されている「アラセナ-A軟膏3%」・ 「アラセナ-Aクリーム3%」と同じ濃度の有効成分を配合しています。
    ・日本でのOTC医薬品としては初めての「ビダラビン製剤」です。

    特長2.アラセナS・アラセナSクリームに含まれる主成分「ビダラビン」は口唇ヘルペスの再発に1日1回からの塗布で効果をあらわします。
    ・ビダラビンは1~4回と、より少量で効果を発揮します。

    特長3.「アラセナS」は、基剤に「ワセリン」を使用した軟膏タイプで、患部をやさしく保護します。「アラセナSクリーム」は伸びが良く、塗ったあと目立ちにくいクリーム剤です。


    ■ 使用上の注意 ■
    【してはいけないこと】
    (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

    1.次の人は使用しないでください。
    (1)医師による口唇ヘルペスの診断・治療を受けたことのない人。
     医師による口唇ヘルペスの診断を受けたことのない人は、自分で判断することが難しく、初めて発症した場合には症状がひどくなる可能性がありますので、医師の診療を受けてください。
    (2)患部が広範囲の人。
     患部が広範囲に及ぶ場合は重症ですので、医師の診療を受けてください。
    (3)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
     本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります。
    (4)6歳未満の乳幼児。
     乳幼児の場合、初めて感染した可能性が高いと考えられます。
    (5)発熱、広範囲の発疹等の全身症状がみられる人。
     発熱や広範囲の発疹など全身症状がみられる場合は、重症化する可能性がありますので、医師の診療を受けてください。

    2.口唇や口唇周辺以外の部位には使用しないでください。
     口唇ヘルペスは口唇やその周辺にできるものです。

    3.長期連用しないでください。
     本剤の使用により症状の改善がみられても、治るまでに2週間を超える場合は、重症か他の疾患の可能性があります。


    【相談すること】
    1.次の人は使用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
    (1)医師の治療を受けている人。
     医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もあります。
    (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
     薬の使用には慎重を期し、専門医に相談して指示を受ける必要があります。
    (3)授乳中の人。
     本剤と同じ成分を動物に注射したときに乳汁への移行が確認されています。
    (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
     薬などによりアレルギーを起こした人は、本剤でも起こる可能性があります
    (5)湿潤やただれがひどい人。
     重症の口唇ヘルペスか、他の疾患の可能性がありますので、専門医に相談して指示を受ける必要があります。
    (6)アトピー性皮膚炎の人。
     重症化する可能性がありますので、専門医に相談して指示を受ける必要があります。

    2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
    関係部位症状
    皮膚発疹・発赤、はれ、かゆみ、かぶれ、刺激感
    本剤によるアレルギー症状であるか、本剤の刺激であると考えられ、このような場合、続けて使用すると症状がさらに悪化する可能性があります。

    3.5日間使用しても症状がよくならない場合、又はひどくなる場合は使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
    5日間使用しても症状の改善がみられないときは、重症か他の疾患の可能性がありますので、なるべく早く医師又は薬剤師にご相談ください。

    ■ 効能 ■
    口唇ヘルペスの再発(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る※)
    ※口唇ヘルペスが初めて発症した場合は、その症状が他の疾患によるものかどうかの自己判断は出来ませんが、再発した場合は以前に発症したときと部位や症状がほぼ同じという特徴があり、再発を繰り返す人では熱感、刺激感、かゆみなどの初期症状の段階で分かるとも言われています。そのため、「過去に医師の診断・治療を受けた方に限る」としています。

    ■ 用法・用量 ■
    1日1~4回、患部に適量に塗布する。
    (唇やそのまわりにピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたら、すぐに塗布する)
    早期に使用すると治りが早く、ひどくなりにくいため、ピリピリ、チクチクなどの違和感をおぼえたら出来るだけ早く(5日以内)に使用を開始してください。
    使用時期は毎食後、就寝前を目安にご使用ください。

    【用法・用量に関する注意】
    1.定められた用法・用量を厳守してください。
    2.小児に使用させる場合は、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
    3.目に入らないよう注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
    4.外用にのみ使用してください。
    5.口に入れたり、なめたりしないでください。
    6.家庭で初めて発症したと思われる人が誤って使用しないよう、十分注意してください。


    ■ 成分・分量(1g中) ■ 
    アラセナSは医療用アラセナ-A軟膏3%、アラセナSクリームは医療用アラセナ-Aクリーム3%と同じ濃度の有効成分を配合しています。
    成分 分量
    ビダラビン30mg
    ビダラビンは口唇ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスの増殖を抑え、口唇ヘルペスの症状を軽減したり、発症から治癒するまでの期間を短縮する働きがあります。
    添加物として、ステアリン酸、パルミチン酸、セタノール、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、グリセリン、D- ソルビトール、水酸化Na、水酸化K、パラベン、その他3成分を含有します。

    ■ 保管および取扱い上の注意 ■
    1.直接日光の当たらない湿気の少ない30℃以下の涼しい所に密栓して保管してください。
    2.小児の手の届かない所に保管してください。
    3.使用前後によく手を洗ってください。
    4.他の容器に入れ替えないでください。
    (誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
    5.使用期限をすぎた製品は、使用しないでください。
    なお、使用期限内であっても、開封後は6ヶ月以内に使用してください。

    遺言のアイコン

    遺言

    誰にどの財産を残すか、遺言によって定めることができます。遺言書の形式は細かく決められていて、書き方を間違うと無効になってしまうことがあるので、行政書士・司法書士・弁護士など専門家に相談し作成しましょう。

  • 相続税のアイコン

    相続税

    基礎控除額を超える相続財産がある場合、相続税申告が必要です。申告には相続発生後10カ月以内という期限があるため、相続発生後早めの相談が必要です。また税理士なら誰でもいいわけではなく、相続税に詳しい税理士に相談するのが適切です。

  • 遺留分のアイコン

    遺留分

    相続人であっても、遺言や贈与によって、他の人に遺産が行ってしまい、まったく相続できないようになってしまうことがあります。そのような場合でも、最低限の遺産相続分(遺留分)は請求することができます。弁護士に相談しましょう。

  • 相続放棄のアイコン

    相続放棄

    プラスの財産よりも、借金等の負債の方が大きい場合に相続してしまうとマイナスになってしまいます。被相続人に負債があることが予想される場合は、相続財産の調査を専門家に依頼し、負債の方が大きければ、相続放棄を行うことができます。

  • 戸籍収集のアイコン

    戸籍収集

    相続が発生すると、被相続人の生まれてから亡くなるまですべての戸籍を収集し、法定相続人を確定する必要があります。相続人の人数が増えると、戸籍収集だけでも大変な作業になるので、相続に詳しい行政書士に相談しましょう。

  • 銀行手続きのアイコン

    銀行手続き

    相続が発生すると、銀行は口座を凍結します。凍結された口座の解除手続き、相続財産確定のための残高証明書の取得などは、相続手続きに詳しい行政書士に依頼するとスムーズです。

  • 相続調査のアイコン

    相続調査

    相続人の中に所在不明の方がいたり、相続財産が把握できていない場合、自力で相続手続きを進めることが困難になります。早めに専門家に調査を依頼し、対応方法を相談しましょう。

  • 相続登記のアイコン

    相続登記

    相続発生によって土地・建物の名義変更をすることを、相続登記といいます。相続登記をせずに放置すると、様々なトラブルやリスクの要因となるため、早めに手続きをしましょう。

  • 生前贈与のアイコン

    生前贈与

    生前に財産の一部を贈与することで、相続税の節税につながる場合があります。一方で過度な生前贈与は、老後資金を減らすリスクにもなります。FPや税理士など、お金の専門家に相談しながら適切に行いましょう。

  • 紛争・争続のアイコン

    紛争・争続

    相続人同士での遺産分割協議がうまくいかず、争いに発展してしまった場合、弁護士を代理人として立てて交渉することになります。遺産相続ガイドでは、相続分野に強い弁護士が揃っており、初回面談無料の弁護士も多数います。まずは相談してみましょう。

  • 事業承継のアイコン

    事業承継

    被相続人が事業を営んでいる場合は、事業を清算するか、承継するのか、承継する場合は、誰にどのように承継するのかを決め、用意周到に承継を実行していかなければなりません。事業承継を得意とする経営的視座を持った弁護士に相談するとよいでしょう。

  • 家族信託のアイコン

    家族信託

    認知症になると銀行口座が凍結され、不動産売却もできなくなり、家族に金銭的負担がかかります。家族信託は認知症になる前に、信頼できる家族に財産を託して、代わりに管理・運用してもらう制度です。

  • 成年後見のアイコン

    成年後見

    成年後見は、認知症など判断能力の衰えた高齢者や相続人が大切な財産を失わないように、自分一人で契約ができないようにする制度です。家族信託と比べて、メリットとデメリットがあるので、どのような制度を利用すべきかも含めて専門家に相談するとよいでしょう。

職種から専門家を探す

  • 弁護士

    弁護士

    弁護士は法律のエキスパートです。法律のことなら何でも相談することができます。相続人間で揉めている場合は特に、弁護士に相談することをお勧めします。
  • 税理士

    税理士

    税理士は税金のことの専門家です。相続財産は相続税の課税対象となりますし、贈与財産は贈与税の課税対象となります。相続税や贈与税には、様々な非課税や減税の制度があります。
  • その他

    行政書士・司法書士

    相続手続きは、行政書士・司法書士に依頼するのが一般的です。中でも相続に詳しい経験豊富な専門家を、遺産相続ガイドではご紹介しています。

口唇ヘルペスの再発治療薬 ★【第1類医薬品】アラセナS クリームタイプ 2g ※要承諾 承諾ボタンを押してください

相続手続

double_arrow

口唇ヘルペスの再発治療薬 ★【第1類医薬品】アラセナS クリームタイプ 2g ※要承諾 承諾ボタンを押してください

口唇ヘルペスの再発治療薬 ★【第1類医薬品】アラセナS クリームタイプ 2g ※要承諾 承諾ボタンを押してください:私たちは、世界中の190を超える市場で数百万の買い手と売り手をつなぐグローバルコマースリーダーです。 0格安saleスタート,最安値挑戦,大好評です口唇ヘルペスの再発治療薬 ★【第1類医薬品】アラセナS クリームタイプ 2g ※要承諾 承諾ボタンを押してください